愛善苑
 

霊界物語とは



愛飲の「敷島」たばこでくつろぐ王仁三郎

出口王仁三郎の代表作のひとつに『霊界物語』があります。
この書物は81巻83冊からなっていて、王仁三郎が大正10年から口述という手法で、1巻約300ページを平均わずか三日間で書いています。

愛善苑では、この物語を唯一の教典としています。

この書物の中には世の神々のこと、霊界のこと、人として生きる道筋のこと、予言から芸術論などなど、実にこまごまと、多岐にわたって書かれています。

王仁三郎は「ちいさな子供から老人まで、分かるように書いた」と、言われたとおり、童話か、おとぎ話のようなところもあり、「何じゃ、この本?」と、きっと思われるに違いありません。

もし、あなたがそのように思われても、30巻ぶんぐらい、じっくりと腰をすえて読んでみてください。それも、できれば音読で感情を込めてみてください。この物語の持つ不思議な魅力に、きっと引き込まれていくでしょう。

しかし、何といっても大変な量の書物です。たとえ三日に1冊読んだとしても、全巻読むのには、ほぼ8ヶ月を必要とします。
ですから、途中まで読むと、前に読んだことを忘れたりして、なかなか一人では読めません。

そこで、私どもは「みんなで楽しく物語を読もう」、そう思いまして、物語の輪読会を各地で行っています。どなたでも、自由に参加できます。『霊界物語』をお持ちでない方もたくさん参加しています。

参加にご興味のある方は、ぜひ愛善苑事務局にお問い合わせください。



ご神前で霊界物語を拝読する青年たち


霊界物語についてもっと詳しく知りたい方は、以下もチェックしてみてください。

印刷用画面
サイトマップ 愛善苑へのお問い合わせ

出口王仁三郎
ONISAVULO
English Chinese