愛善苑
 

霊界物語の口述に至る経緯




新暦旧暦事柄
10月8日9月8日
『神より開示しおきたる霊界の消息を発表せよ』との神教。
10月11日9月11日
出口王仁三郎聖師、京都府庁で本宮山神殿取毀命令を受ける。
10月13日9月13日
本宮山神殿取毀命令を受け、役員総辞職。
10月14日9月14日
大改革発表 出口王仁三郎聖師、二代様は隠退。 出口直日が教主に就任し、皇道大本を大本と改称す。
10月15日9月15日
本宮山における最後の月次祭。
10月16日9月16日
教祖の神影が『霊界物語』を催促。
10月18日9月18日『汝は執筆するを要せず、神は汝の口を藉りて口述すべければ、外山豊二、加藤明子、桜井重雄、谷口正治の四人を招き、汝の口より出づるところの神言を筆録せしめよ』との神教。


本宮山假神殿取毀工事奉告祭執行 聖師様は松雲閣にて『回顧録』の音読か? (『霊界物語』第14巻第17章(567)「一寸一服」)


聖師「回顧録の続編を口述するから、筆記して貰いたい」と外山豊二氏に声をかける。


『霊界物語』口述開始
・第十三章「天使の来迎」
外山豊二氏筆録
・第十四章「神界旅行の一」
外山豊二氏筆録
・第十五章「神界旅行の二」
加藤明子氏筆録

なお、午後十時より祭主・出口直日、祭員・湯川氏、村上氏によって、本宮山神殿昇神祭が執行された。
10月19日9月19日
・第十六章「神界旅行の三」
桜井重雄氏筆録
・第十七章「神界旅行の四」
谷口正治氏筆録
・第十九章「盲目の神使」
広瀬義邦氏筆録
10月20日9月20日
本宮山神殿の取り壊し開始日

『霊界物語』第一巻「序」を出口王仁三郎聖師記す。(午後1時)
・第十八章「霊界の情勢」
谷口正治氏筆録
・第二十章「日地月の発生」
谷口正治氏筆録
・第二十一章「大地の修理固成」
谷口正治氏筆録
・第二十二章「国祖御引退の御因縁」
谷口正治氏筆録
(注) この日の筆録者は谷口正治氏のみ。



霊界物語「天祥地瑞」を神劇化した第一回神聖歌劇(昭和10年 於大祥殿)
※中央は天の峰火夫の大神に扮した王仁三郎
印刷用画面
サイトマップ 愛善苑へのお問い合わせ

出口王仁三郎
ONISAVULO
English Chinese