愛善苑
 

霊界物語の主な概要





※画像をクリックすると拡大します。

『霊界物語』は、全八十一巻ですが、第六十四巻が上下巻の2冊であることと、入蒙の記録を霊界物語特別篇として『霊界物語』山河草木に加えられている事により、冊数としては、全八十三冊となり、章数1868章という大著となりました。

各篇は天祥地瑞篇を除いて、それぞれ十二巻づつあり、各篇ごとに子の巻、丑の巻、寅の巻、卯の巻、辰の巻、巳の巻、午の巻、未の巻、申の巻、酉の巻、戌の巻、亥の巻といった形になっています。
例えば『霊界物語』第三巻は、『霊界物語』霊主体従篇、寅の巻という事になります。


※左図は王仁三郎の原稿(第十巻 総説歌の一節):
「つらつら思ひめぐらせば 天の田力坐しませど 手を下すべき余地も無く 売受賣舞曲を奏しつつ 独り狂へる悲惨さよ 三五教の御諭しは 最后の光明艮めなり ナザレの聖者キリストは 神を楯としパンを説き マルクス麺麭(パン)以て神を説く」(大正十一年二月廿七日、旧二月一日於竜宮館、王仁識)



霊界物語の各篇巻数各篇の冊数
霊主体従 篇第一巻〜第十二巻十二冊
如意宝珠 篇第十三巻〜第二十四巻十二冊
海洋万里 篇第二十五巻〜第三十六巻十二冊
舎身活躍 篇第三十七巻〜第四十八巻十二冊
真善美愛 篇第四十九巻〜第六十巻十二冊
山河草木 篇第六十一巻〜第七十二巻十四冊

第六十四巻上 第六十四巻下 特別篇を含む
天祥地瑞 篇第七十三巻〜第八十一巻九冊
合計八十一巻八十三冊


※(右)霊界物語に自らの拇印(「ス」の拇印)を押す王仁三郎


「ス」の拇印


王仁三郎の拇印は主神(スしん)の印をかたどっています。
※主神の印

印刷用画面
サイトマップ 愛善苑へのお問い合わせ

出口王仁三郎
ONISAVULO
English Chinese