愛善苑
 

霊界物語の簡単な解説

まず、『霊界物語』 第一巻 序」には


この『霊界物語』は、天地剖判(ぼうはん)の初めより天の岩戸開き後、神素盞嗚命が地球上に跋扈跳梁(ばつこてうりやう)せる八岐大蛇(やまたをろち)を寸断し、つひに叢雲宝剣(むらくものほうけん)をえて天祖に奉(たてまつ)り、至誠を天地に表はし五六七神政(みろくしんせい)の成就、松の世を建設し、国祖を地上霊界の主宰神たらしめたまひし太古の神代の物語および霊界探険の大要を略述し、苦集滅道(くしふめつだう)を説き、道法礼節(だうはふれいせつ)を開示せしものにして、決して現界の事象にたいし、偶意的に編述せしものにあらず。されど神界幽界の出来事は、古今東西の区別なく、現界に現はれ来ることも、あながち否(いな)み難きは事実にして、単に神幽両界の事のみと解し等閑に附せず、これによりて心魂を清め言行を改め、霊主体従の本旨を実行されむことを希望す。

読者諸子のうちには、諸神の御活動にたいし、一字か二字、神名のわが姓名に似たる文字ありとして、ただちに自己の過去における霊的活動なりと、速解される傾向ありと聞く。実に誤れるの甚だしきものといふべし。切に注意を乞ふ次第なり。

大正十年十月廿日、午後一時
於松雲閣、瑞月出口王仁三郎誌



神素盞嗚命に扮する王仁三郎
(昭和8年10月22日 於亀岡智照館)
とあります。ポイントの最初は、
この『霊界物語』は、天地剖判の初めより天の岩戸開き後、神素盞嗚命が
  1. 地球上に跋扈跳梁せる八岐大蛇を寸断。
  2. つひに叢雲宝剣をえて天祖に奉る。
  3. 至誠を天地に表わす。
  4. 五六七神政の成就、松の世を建設。
  5. 国祖を地上霊界の主宰神たらしめた。
太古の神代の物語および霊界探険の大要を略述し…
とあるところです。

つまり、神素盞嗚大神こそが『霊界物語』の主人公であり、 神素盞嗚大神がその主神の神権によって、国祖を地上霊界の主宰神たらしめているということです。

『霊界物語』 第一巻 「附記 霊界物語について」には、
「経を訓(よ)むには、冒頭の一篇を充分に玩味して腹に畳み込めば、すべての精神が明瞭に解し得らるるものです。どんな人間といへども最初の一瞥によつて其の内容や心が読めるものです。刀剣は鯉口一寸の窓さへ開けて視れば、その名刀たり鈍刀たることが判り、蛇は三寸ばかり見ればモウそれで全体の見当がつくものである。…」
とありますように、『霊界物語』の冒頭の一篇が非常に重要であることを、刀剣は鯉口一寸の窓さへ開けて視れば、その名刀たり鈍刀たることが判ると表現されています。

愛善苑は、主神・神素盞嗚大神様をお祀りし、出口王仁三郎聖師の『霊界物語』を教典としている団体です。

  • 真正の 宗教解する 者あらば わが愛善の 道につどわむ
  • 主の神の 御旨かしこみ 地の上に 御国をたつる 道はこの道
  • うばたまの やみ夜を照らす 光明は 神より出でし 愛善の徳

    (以上、出口王仁三郎の歌)          
また、出口王仁三郎聖師を永遠の苑主としております。
どうぞ御喜楽に愛善苑へお越しになってください。お待ち申し上げております。





印刷用画面
サイトマップ 愛善苑へのお問い合わせ

出口王仁三郎
ONISAVULO
English Chinese