愛善苑
 

教旨


愛善苑教旨




ここに王仁三郎の神観の根本があります。

神は万能、神は何でもできると思っている人が多いのですが、そうではないのです。

出口王仁三郎

神は霊的存在にすぎず、コップひとつ動かすこともできません。そのコップの移動を実現させるためには、人間の具体的な手の動きが必要不可欠なのです。

つまり、「抽象的存在である神」と「具体的存在である人間」とが一体になったとき、初めて何かが実現するのです。

神はこの宇宙を創った以上、本当に弥勒の世を創り出したいという意志をもっています。
その期待にパートナーとして応えうるのは、人間だけなのです。

「人間は天地経綸の主体」と断言している王仁三郎の言葉ほど、人間の使命を大きくとらえた哲学はないでしょう。

印刷用画面
サイトマップ 愛善苑へのお問い合わせ

出口王仁三郎
ONISAVULO
English Chinese